にきび跡治療方法・ビタミンC誘導体の種類

ビタミンC誘導体の種類


1.【水溶性】リン酸アスコルビルナトリウム


皮膚からの吸収性が高く、表皮にある酵素によりビタミンCとリン酸Naに分解され、日やけ、しみ、そばかすの原因であるメラニンの生成を防ぎます。


水に溶けやすいので皮膚科医の院内処方や、コストが他のビタミンC誘導体と比べ安いので化粧水などによく配合されます。


2.【水溶性】リン酸アスコルビルマグネシウム


皮膚からの吸収性が高く、表皮にある酵素によりビタミンCとリン酸Mgに分解され、日やけ、しみ、そばかすの原因であるメラニンの生成を阻害します。


ビタミンCの作用として知られているコラーゲン生成の促進、過酸化脂質の生成の抑制などの作用があります。
水溶性のビタミンC誘導体では効果が最も高いとされています。


3.【油脂性】テトラヘキシルデカン酸アスコルビル略称:VCIP


水溶性ビタミンC誘導体より、ビタミンCの吸収率が数倍良い新型脂溶性ビタミンC誘導体です。コラーゲン分解酵素を抑制する効果に優れており、持続性があります。


油脂性なので水溶性特有の乾燥を感じないことも特徴です。
オイルなので化粧水に配合することはできず、保湿成分としてリップケア製品・クリーム・ジェルなど配合されることが多いです。

にきび跡治療方法・ビタミンC誘導体の効果

1.にきび跡をできにくくする


ビタミンCにはコラーゲンの合成を促す「コラーゲン増殖促進作用]
があります。皮膚の表皮を盛んに再生するので、ニキビ跡をできにくくする効果があります。また、毛穴を目立たなくする効果もあります。


2.にきびの炎症を抑制


紫外線の効果によって、アクネ菌から発生した活性酸素が、皮膚を酸化させる刺激物となり、炎症のあるニキビを長引かせてしまうそうです。ビタミンCの「抗酸化作用」は、活性酸素を除去し、皮膚の酸化を防ぐ働きがあります。


3.にきびをできにくくする


ビタミンCは、にきびができる原因となっている、皮脂の分泌を抑える、「皮脂分泌抑制作用」があります。
皮脂の過剰分泌を抑え皮脂腺の肥大化を防ぎます。


4.美白効果
ニキビの炎症が刺激となってシミになるのを「メラニン色素還元作用」で薄くし、「メラニン生成阻害作用」でシミができるのをを防ぎます。

にきび跡治療方法・ビタミンC誘導体について

化粧品などで美白成分として有名なビタミンCを安定化したものがビタミンC誘導体です。


安定化したビタミンCを高濃度配合することにより、にきび・にきび跡治療などに効果があることがわかり、ニキビ跡(痕)などの治療に使用されています。


ビタミンC誘導体を使った治療は、にきび跡の治療だけでなく、大人のにきび、あご・首・背中のにきびに効果的といわれています。


ビタミンC誘導体は、色素沈着を抑制する効果があるので、細胞内でのメラニンの合成を防ぎ、にきび炎症後のにきび跡の色素沈着を防ぎます。


さらに、すでに細胞内に沈着してしまったメラニン色素を分解する働きも持っているので、色素沈着などのにきび跡の改善効果があります。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。