にきび跡 治療の種類 方法3

3.レーザー治療でにきび跡改善


レーザーを照射しにきび跡の内部からの再生を促したり、凹みを収縮させることで、スベスベで透明感のある肌を取り戻していくにきび跡の治療法。


症状によってレーザーの種類を使い分けるので赤みや色素沈着などほとんどの症例に対応することも可能です。
炭酸ガスレーザー、エルビウムヤグレーザーが多く使用されています。


一度破壊された皮膚組織を再生されることは難しいのですが、科学技術が進歩し、皮膚の若返りから皮膚再生に大きな効果を発揮しているのが医療用レーザー治療です。

にきび跡に悩まれている方は医療レーザー治療を実施している皮膚科やクリニックに相談してみる事をお薦めします。

にきび跡治療 の種類 方法2

2.ビタミンC誘導体のイオン導入によるにきび跡治療


にきび跡にビタミンC誘導体のイオン導入を行うことで、ビタミンCを浸透させ炎症を抑制、にきび跡の色素沈着を防止しします。肌の美白効果も期待できるそうです。


イオン導入は「針を使わない注射」と言われ、最近話題となっている治療方法です。微弱な電流を流して、普段は皮膚から吸収しにくいビタミンやプラセンタを皮膚の深部まで浸透させ、しみやしわを改善し、瑞々しい肌を取り戻すことができます。


導入する成分には高濃度ビタミンC誘導体が利用されることが多く、
にきび跡やにきびの赤みの改善・しみの原因であるメラニンの生成抑制・美白効果などの効果があります。


また、にきびの予防にも有効な治療法です。
治療方法はイオン導入機でビタミンC誘導体をイオン化させ皮膚に浸透させます。

にきび跡治療方法 ピーリングの種類

にきび跡治療方法の「ピーリング」の種類は、大きく分けて2つあります。



1.化学反応によってを古くなった角質層除去する方法「ケミカルピーリング」


「ケミカルピーリング」は、古くなった角質層を、酸性の薬品を使用して溶かすものです。「古くなった角質を溶かす」というとちょっと怖く感じますが、実際には低刺激の酸性の薬品を使うので、殆んど影響はありません。


また、細かいところ、手の届かないシワの中までケアでき、古い角質を除去する事ができます。エステなどでは、薬品濃度によって作用する範囲が広げることができ、薬品濃度を濃くすることで非常に奥までケアできます。 薬品にはグリコール酸・フルーツ酸・トリクロール酢酸・フェノール酸等があります。



2.物理的な刺激によって、体表をこすって古い角質を除去取る方法


物理的に角質を除去する方法ですと、ごく体表部分だけにしか作用しません。韓国式エステの「アカスリ」が有名ですね。

にきび跡にきび跡治療の種類・方法1

1.ケミカルピーリングによるにきび跡治療


フルーツ酸(AHA)等を皮膚の表面に塗り、古い角質や老廃物を溶かして新しい皮膚の再生を促すにきび跡治療法です。


にきびに効果的で、毛穴のつまりを解消し、にきびのできにくい肌をつくります。にきび跡も目立たなくなります。にきび跡を削って治療するのではありません。


にきび跡やにきびだけでなくしみ・くすみ等にも効果があります。


ケミカルピーリングは、数回に分けて定期的に治療を行う必要があり、治療効果もすぐに現われるわけではありませんが、ターンオーバーを促し、にきび跡やにきびに高い治療効果を得ることができます。


ケミカルピーリングは医療行為とされており、「皮膚科診療技術を十分に修得した皮膚科専門医ないしそれと同等の技術・知識を有する医師の十分な管理下に行われるべき行為である」とされているので、あらかじめ皮膚科専門医に相談されることをお薦めします。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。