にきび跡、にきびのできる原因

にきび跡にきび(ニキビ)のできる原因


にきび跡へいたる前段階、にきびのできる原因


にきびは、皮膚の毛穴に汚れ(古い角質など)が残ることで、毛穴がつぶされてしまい、皮脂が外に出ることができなくなり、毛穴の内部でアクネ桿菌が繁殖することが原因です。


・ 不規則な食事、食事の内容の乱れ、お酒の飲みすぎ。
・ 生活習慣の乱れ、生活環境の変化。
・ 睡眠不足、便秘。
・ お肌の保湿力、保水力の低下。
・ 仕事やプライベートでのストレス。
・ 刺激の強い化粧品の使用。
・ 運動不足、筋力低下。
・ 血行の悪化。
・ 季節で空気が乾燥している時期。
・ 薬の副作用。
・ 活性酸素。
・ 皮脂や汗によって汚れた状態のまま不潔にしている
など等・・・様々な要因があります。


これらにより「にきび」が発生し悪化した場合、
にきび跡(痕)へと発展します。


にきび跡へ発展してしまうと、なかなか自宅で簡単に改善する事は難しく、場合によっては一生残ってしまうこともあります。炎症を起こした部分の皮膚組織が破壊されてしまい、にきび跡が治らず一生跡が残るのです。


にきび跡へ発展する前の段階での治療が重要であるといえます。

この記事へのコメント
はじめまして、相互リンクからご挨拶に伺いました。防犯・防災対策@ちょいと気になる!の秀坊主と申します。どうぞよろしくお願いいたします☆
ニキビももちろんですが、他の方の美容に関するブログも拝見して思ったのですが、自分の健康状態が体の表面に出てくるということなんですね〜。もう一度自分の生活習慣を見直してみたいと思いました。また伺います☆
Posted by 防犯・防災対策@ちょいと気になる! at 2006年07月15日 06:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。