にきび跡治療方法・光治療、レーザーについて

ケミカルピーリングの登場によって、かなり短期間でニキビ跡治療が可能となりましたが、現在は医療レーザー治療を行うことにより、さらに短期間で、しかもケミカルピーリングが受けられない敏感肌の方でもニキビ跡治療を受けられるほど高性能の光治療が行われています。


またレーザー治療は、ケミカルピーリング、ビタミンC誘導体治療などでにきび跡の治療効果が薄い場合でも効果的です。


クレーター状やケロイド状になってしまったにきび跡は、できてしまったにきび跡を改善するレーザー治療がよいでしょう。


レーザー光線で、できかけのニキビを予防しながら、コラーゲンの産出を促して凹んだ部分を盛り上げ、開いた毛穴を小さくすることで、にきび跡をきれいにする効果が得られます。


医療レーザーの光線は、皮膚のほかの組織にダメージを与えることはないので、内服剤のように副作用の心配はありません。また、白にきび黒にきびには、細菌の増殖を予防する効果を発揮しますし、赤にきびには炎症を沈静させる効果があります。


ただレーザー治療後のケア、紫外線対策には注意が必要で、治療後も赤みが残ったり、赤みが消えないなどのリスクのある方法ですのでしっかりと専門医と話し合った上でレーザーによるにきび跡治療を進めましょう。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。