にきび跡治療方法・ビタミンC誘導体の種類

ビタミンC誘導体の種類


1.【水溶性】リン酸アスコルビルナトリウム


皮膚からの吸収性が高く、表皮にある酵素によりビタミンCとリン酸Naに分解され、日やけ、しみ、そばかすの原因であるメラニンの生成を防ぎます。


水に溶けやすいので皮膚科医の院内処方や、コストが他のビタミンC誘導体と比べ安いので化粧水などによく配合されます。


2.【水溶性】リン酸アスコルビルマグネシウム


皮膚からの吸収性が高く、表皮にある酵素によりビタミンCとリン酸Mgに分解され、日やけ、しみ、そばかすの原因であるメラニンの生成を阻害します。


ビタミンCの作用として知られているコラーゲン生成の促進、過酸化脂質の生成の抑制などの作用があります。
水溶性のビタミンC誘導体では効果が最も高いとされています。


3.【油脂性】テトラヘキシルデカン酸アスコルビル略称:VCIP


水溶性ビタミンC誘導体より、ビタミンCの吸収率が数倍良い新型脂溶性ビタミンC誘導体です。コラーゲン分解酵素を抑制する効果に優れており、持続性があります。


油脂性なので水溶性特有の乾燥を感じないことも特徴です。
オイルなので化粧水に配合することはできず、保湿成分としてリップケア製品・クリーム・ジェルなど配合されることが多いです。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。