にきび跡治療方法・ビタミンC誘導体の効果

1.にきび跡をできにくくする


ビタミンCにはコラーゲンの合成を促す「コラーゲン増殖促進作用]
があります。皮膚の表皮を盛んに再生するので、ニキビ跡をできにくくする効果があります。また、毛穴を目立たなくする効果もあります。


2.にきびの炎症を抑制


紫外線の効果によって、アクネ菌から発生した活性酸素が、皮膚を酸化させる刺激物となり、炎症のあるニキビを長引かせてしまうそうです。ビタミンCの「抗酸化作用」は、活性酸素を除去し、皮膚の酸化を防ぐ働きがあります。


3.にきびをできにくくする


ビタミンCは、にきびができる原因となっている、皮脂の分泌を抑える、「皮脂分泌抑制作用」があります。
皮脂の過剰分泌を抑え皮脂腺の肥大化を防ぎます。


4.美白効果
ニキビの炎症が刺激となってシミになるのを「メラニン色素還元作用」で薄くし、「メラニン生成阻害作用」でシミができるのをを防ぎます。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。