にきび跡ができるわけ

にきびが出来て、すぐににきび跡になるわけではありません。また、にきびが出来て、にきび跡が必ず残るわけではありません。


にきびが出現した初期の段階で、きちんとスキンケアしてやれば、ほとんどのニキビは消えて、にきび跡もそれほど残りません。


凹凸やしこり、ケロイドなどのにきび跡が出来てしまう原因は、にきびが出来た肌に、何度も繰り返してにきびが出来てしまう事にあります。


さらににきび菌が異常に増加し、炎症・化膿を繰り返し、次第ににきびが皮膚のの深い部分にまで及びます。


さらに周囲の組織を壊し、にきび治まった頃には、肌に赤みが残ったり、色素沈着、ケロイド、凸凹となったりします。これがにきび跡となって残ります。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。