にきび跡治療方法・ビタミンC誘導体について

化粧品などで美白成分として有名なビタミンCを安定化したものがビタミンC誘導体です。


安定化したビタミンCを高濃度配合することにより、にきび・にきび跡治療などに効果があることがわかり、ニキビ跡(痕)などの治療に使用されています。


ビタミンC誘導体を使った治療は、にきび跡の治療だけでなく、大人のにきび、あご・首・背中のにきびに効果的といわれています。


ビタミンC誘導体は、色素沈着を抑制する効果があるので、細胞内でのメラニンの合成を防ぎ、にきび炎症後のにきび跡の色素沈着を防ぎます。


さらに、すでに細胞内に沈着してしまったメラニン色素を分解する働きも持っているので、色素沈着などのにきび跡の改善効果があります。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。