ニキビ痕(ニキビ跡)=傷の認識

にきび跡についてこんな記事がありました。


引用元長野美顔クリニック


以下引用


ニキビ(にきび)は発症しても全く痕とならないのが大多数ですが、なかにはとなる場合があります。これはニキビ(にきび)にも様々なパタ−ンがあるのと、そのご本人様の体質・肌質にも起因します。ニキビ(にきび)は進行過程では傷と考えて間違いではありません。


引用ここまで。


私の場合は、にきび跡が残りやすい体質だったという事でしょうか。思春期の頃のにきびケアが悪かったのは言うまでもありません。


反省。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。