にきび跡治療方法 ピーリングの種類

にきび跡治療方法の「ピーリング」の種類は、大きく分けて2つあります。



1.化学反応によってを古くなった角質層除去する方法「ケミカルピーリング」


「ケミカルピーリング」は、古くなった角質層を、酸性の薬品を使用して溶かすものです。「古くなった角質を溶かす」というとちょっと怖く感じますが、実際には低刺激の酸性の薬品を使うので、殆んど影響はありません。


また、細かいところ、手の届かないシワの中までケアでき、古い角質を除去する事ができます。エステなどでは、薬品濃度によって作用する範囲が広げることができ、薬品濃度を濃くすることで非常に奥までケアできます。 薬品にはグリコール酸・フルーツ酸・トリクロール酢酸・フェノール酸等があります。



2.物理的な刺激によって、体表をこすって古い角質を除去取る方法


物理的に角質を除去する方法ですと、ごく体表部分だけにしか作用しません。韓国式エステの「アカスリ」が有名ですね。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。