にきび跡治療方法 ケミカルピーリング

にきび跡の治療方法に、「ケミカルピーリング」という方法があります。


人間の皮膚は、古い細胞から新しい細胞に常に生まれ変わっています。加齢により徐々にそのスピードは遅くなっていきますが、細胞が生まれ・がれ落ちるまでの期間は、通常20歳代で約28日、30歳代で約40日、40歳代で約55日と言われています。


この生まれ変わる段階での古い細胞が、最終的に角質となり体表から・がれ落ちますが、ストレスや様々なダメージによってその生まれ変わるまでの日数が変化します。表皮の新陳代謝が悪くなり、古い角質がいつまでも・がれずに体表部に残り、徐々に厚くなっていきます。


古くなった角質層を取り除き、お肌の再生を活性化させて、キメの細かい弾力のある、みずみずしいお肌を取り戻すのがピーリングです。
ケミカルピーリングは、この原因、余分な角質・厚くなった角質を、化学物質で取り除き、損傷された皮膚の治療を行なう方法です。


古くなった角質の中に溜まった色素が多くなると、お肌のクスミやシミになります。また、古い角質は水分が乏しい為、皮膚がささくれたり、小ジワの原因にもなります。


余談ですが、調理器具の「ピーラー」は皮を・く器具ですが、”むく、はぐ”ということでは同じ語源ですね。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。