にきび跡の症状・種類

にきび跡の症状・種類は、大きく分けてこれらに分類されます。


1.赤み
にきび化膿した箇所の炎症がおさまったあと、赤みがひかないようなにきび跡


2.色素沈着
炎症がおさまったあと、色素沈着を起こして茶色っぽいシミになったにきび跡
皮膚の深いところにある層、「基底層」でつくられ、その上の層「有棘層」にいすわっているメラニンの仕業です。


3.あばた・クレーター
にきびが繰り返しできて膿んだ状態が長く続いたためにできる、皮膚に凹凸ができるにきび跡


4.しこり
にきびの化膿が皮膚深部に達すると、皮膚の異常再生が起こり、しこりになる状態のにきび跡


5.ケロイド
多数のにきびが同じ部位にできて、にきび跡がケロイド状態となる。特に口周囲やあご下、胸、背中に発生する。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。